六島 秋祭り無事終了!

 こんにちは!ここ最近ネタが多すぎて、やっとこさ祭りの記事に着手出来ました。さあ早速10/8.10/9のお祭りダイジェスト!
 上の写真は宵宮といい、本祭りの前日晩に太鼓と獅子舞が登場します。
「今年も始まったなぁ」
という気分になり、気合十分!
かわいい子ども太鼓とおっちゃん達の勇ましい太鼓と獅子舞が祭りの始まりを飾ります。この後気合を入れるため酒を飲み倒しました!ブヒー酔った酔った(^^;)
翌朝、二日酔いの重い頭を抱えながら外を歩いていると、きんじょのお姉さんが
「朝ごはんあげる」
と手作りサバ寿司と釣りたてのアジ、サバをくださいました。ありがたい(泣)魚はすぐ刺身に。うまい、、。
良型のサバ一匹、アジ二匹を刺身でたいらげ二日酔いが吹き飛んだ頃に嬉しい援軍が!上の写真の兄ちゃん姉ちゃん達が笠岡から祭りのために駆けつけてくれました。島のおっちゃん達に紹介すると
「よ~きたのぉ!」
早速御神酒の洗礼を受けます!
↑御神酒のあとは、海水を少し頂きます。海辺ならではですね。ちなみにこのご一行は僕の友人で、六島に麦畑を復活させようと呼びかけた際に集まってくれた人達です。お祭りにも来てくれてほんまに嬉しい(泣)
 さらに、昨日チヌを釣っていたお兄さんも初参加してくれることに。話を聞けば僕のばあちゃんの友達の孫さんでした。なんやわからんけど六島って繋がるんですね(^^)参考記事↓

男達がある程度集結したら雄叫びを上げ、団長のミチアキ兄ぃが神社まで誘導します。決まってるぅ~!
今年は帰ってきてる人が多い印象でした。
一通り宮司さんの厳かな儀式が済んだらいよいよ神輿を引っ張り出します!
「ひっぱりだーせぇ!」
皆が叫びながら、荒々しく御輿が引っ張り出されます。
「よ~まっせぇー!」
と叫びながら神輿をグルグル高速回転させ、そのあと持ち上げます。これがキツイ。誰がこんなんやりはじめたんや!?
心地よい疲労とアルコールで気分が乗って来た頃にお昼ご飯。オードブルのほかにご婦人方がこしらえたおにぎりやおでんを、観客と青年団が一緒にたべます!頂きます!
笠岡から来てくれた応援団もご一緒に!
昼飯後は観客の方も神輿に触れてもらうため、ギャル神輿を発案!素敵ですね!
続いて子ども神輿。みんな気合入れて持ち上げてました(^^)
これから本番。神社を出て各集落で数回まわします。これは前浦。
神輿を船に乗せて近海を三回グルグルまわります。いい光景でしょ~(^^)
湛江でもグルグル。
そして、神社まで運んでグルグル、、。
宮入りし、やっと終わったと思ったら誰かが引っ張り出してまたグルグル、、、。
もう一度宮入りしたら、また誰かが引っ張り出してまたグルグル、、、、。


ほんま、、どんだけまわすねん!!


そうこうしているうちに夕方の六時がきて、ようやく宮入れし、祭りが終わりました。担ぎ手が少ないのでみんな交代もせず夕方まで回し続けたからみんなボロボロ(笑)
その晩は、慰労会が開かれみんなで乾杯っ!目の前には一年ぶりに見るご馳走!いただきまーす!
かにの甲羅で酒を飲んだりします。これがうまいねんなっ!!
 笠岡の兄ちゃん姉ちゃんも乾杯っ!地域のみんなで酒を交わしました!もうみんなファミリーや!てかんじで宴が夜遅くまで続きました。いやーええ祭りでした。

 翌朝は朝の7時から各家を回り、太鼓をたたきました。太鼓の低音が二日酔いの脳みそに心地よい振動をくれます。
 ちなみに今年は去年より帰ってきてる人数が多いと一緒に回ったお兄さんから聞きました。
 来年はもっともっと帰ってきたらいいな(^^)あ、このお祭りは誰でも参加できるので興味があれば1度来てみてください。回せない方でも、ただ見守ってくださるだけで僕達は嬉しいです(^^)

それでは、この日も出会いに感謝!
ごちそうさまでした(^^)


海の駅、六島

岡山県最南端の六島。どっぷり島暮らしながら、島のホットな情報をお茶の間にお届け!

0コメント

  • 1000 / 1000