がんばる人生の先輩 (2/22追記)

ごっつ寒いです!笠岡湾が凍っており、笠岡~六島の下りの始発では、氷をバリバリ割りながらニューおおとりが走ってます!

さて、先日笠岡の今井地区の取り組みを当ブログでご紹介しましたが、その後の進展をアツく語り、寒さをぶっ飛ばしていきたいと思います!!!!

その後、吉備土手下麦酒の永原社長から連絡があり

「井関君!糖化実験終わったよ!程よい蕎麦の香りが出る麦汁ができた。これで仕込もう!!!」

仕込み予定日は今年の2月22日。個人的なことを書きますが、奇しくも私の誕生日が仕込み日なので、何か運命のようなものを勝手に感じております。

実際に今井地区の小寺さんと吉備土手下麦酒に伺い、永原社長、西村さんのご指導の下、仕込みに立ち合せていただきました。

できた麦酒はうまみが強かったです。これはそばに豊富に含まれるたんぱく質がプロテインレストという工程により大量のアミノ酸を生んだと推測します。

さあ、酵母を投入し、熟成すればどのような麦酒に仕上がるのか!ワクワクが止まりません!!


仕込みの風景↑


投入するホップは岡山市の「夢百姓」さんの栽培したホップ。今井でも夢百姓さんのホップが株分けされることになっており、笠岡と岡山市の交流ができました。


11時に伺い、仕込みを終えたのは夜7時ごろ。ひと汗かいた後は併設されている普段飲み場で一杯やります。なんと贅沢な経験をさせていただいているのでしょう!

麦酒と尊い出会いに乾杯!!!

本日もごちそうさんです!!







海の駅、六島

岡山県最南端の六島。どっぷり島暮らしながら、島のホットな情報をお茶の間にお届け!

0コメント

  • 1000 / 1000