笠岡諸島に春の出会いin白石島

みなさんこんにちは!
六島では梅が咲き、桜のつぼみが膨れ、春を感じられるようになってきました。六島に帰ってきて一年が経ち、また新たな気持ちで活動しようと意気込む今日この頃でございます☺
さて、新たなスタートには出会いがつきものでございます。今年の四月から笠岡諸島に新しい仲間が増えるのです!



大阪出身のムヤさんご夫妻、これから地域おこし協力隊として白石島の国際交流ヴィラの運営を主にお手伝いされるとのことです。


島の皆さんに使えそうな空き家や、島の資源などを案内してもらいました。

学校の跡地に空き家から出てきた機織りの機械や糸車を集めてワークショップをしている白石島。古き良き文化がこのように継承されるのは重要なことですね!


大阪から島に初めて訪れたムヤさんは、島の環境をみて大きな可能性を感じている様子で目をキラキラ輝かせていました。僕やムヤさんのように、都市を離れて生活しようとしている若者が増えています。笠岡諸島はこういった若者に可能性を与えてくれているのだなとしみじみ思います。


ところでムヤさん、イントネーションがやや関西弁なので、詳しく聞いてみると、僕が大阪にいたときのご近所さんだったのです。まじですか!!


いやー笠岡で大阪のご近所さんと初対面するとはなかなか面白いですね!

新しい風が吹きつつある笠岡諸島!目が離せません!

海の駅、六島

岡山県最南端の六島。どっぷり島暮らしながら、島のホットな情報をお茶の間にお届け!

0コメント

  • 1000 / 1000