六島の生活に触れるワークショップin島小屋

 えー、とても長いタイトルになってしまったわけですが、つまりこういうことなのです👴
●六島に来て景色を楽しみ
●六島の食材で美味いもの食べて
●六島のシーグラスやお宝を海で集め
●六島でのーんびり地元の人としゃべりながらワークショップ

というものでございます!この日のプログラムについて、島の人にとっては日常ですが、そうでない人にとっては非日常なわけで、なかなか楽しいのです。このツアーの首謀者は笠岡を愛するリアルくまモンこと、マンさんです!ほんまええツアー組んでくださいました。謝謝!!
 冒頭が長くなりましたが、ダイジェストいってみましょ~!

1、僕は料理担当なので、タコを〆て調理。このタコどや!!こいつを2匹さばきます^^
2、ツアーの皆さん、六島の子供たち集合。マンさんから説明を受けます。
3、皆さんが海岸で宝探しをしている間に調理作業!
4、刺身用、炊き込みご飯用、吸盤、天ぷら用、網焼き用、、、。アセアセ!
5、台所で仕込み終えると、外ヘダッシュ!魚を焼きます!ええにほひやなぁ、、、。
6、骨と身に分け身はすり鉢へ
7、骨でだしを取り
8、六島の郷土料理「さつま」を千代美さんに教えてもらいながら作ります。
●魚の身をすり鉢でごりごりする
●六島の麦みそ入れてごりごりする
●冷ましただしを入れ、ドロドロっとした状態にする
●あっつあつの白ご飯の上にかける。
●フライパンで煎ったゴマとネギを散らし
●美味しく食べる!
9、本日の料理、
●さつまかけご飯
●たこめし
●タコ刺身
●タコ吸盤ポン酢和え
●たこ天
●タコ網焼きアンド野菜のグリル

とてたてのタコの網焼うまい、、、。
11、僕がご飯を用意している間に皆さんが海で拾ってきたお宝!アートだ!
12、こんなんつくってました!なんかオシャレ!ご飯の後はマンさんによるケシハン教室!皆真剣、、。
僕も作らせて頂きました!島をかたどって真ん中に「6」。うむ!楽しい。
この手帳に巻いてるのは、百合子さんの手作り品のペンホルダー。こんなステキなアイテムをたくさん作って下さいました。これ、おしゃれでしょ!?
というわけで、島小屋を舞台にしたツアー第一弾が終了しました。お腹も心も満腹となり、非常に充実した一日でした🙌
ごちそうさんです!!


海の駅、六島

岡山県最南端の六島。どっぷり島暮らしながら、島のホットな情報をお茶の間にお届け!

0コメント

  • 1000 / 1000