33才で嫌いな食べ物を克服。

相変わらず寒いですね!年明けからは体調を崩される方が多く、気が抜けない時期でもあります。特にインフルエンザ。これ、恐いですね汗。島には病院がない。だから陸に行こうにも船代はスゴくかかるしなかなか風邪では受診しない方が多く、病院に行ったら即入院というパターンが珍しくないです。少しでもいつもと様子が違えば陸の病院を目指すべきと感じる今日この頃。

さて前置きが長くなりましたが、昨日、現代農業という雑誌を作られている農文協の皆さまが遊びに来てくれました!

そしてお土産に、北木島は勇和水産の「ひながき」を頂き、みんなで食べることに。

実は僕、牡蠣嫌いでして、成人してすぐにノロに感染し地獄の苦しみを味わってから、なるべく距離を置いていましたし、特に美味しいとも思ったことないので、ここ12年くらい食べてなかったのです。

調理約にまわり、何とか摂取を避けようとしましたが、皆さんが低いトーンでの「うまいうまい」の連呼するで食欲が高まり、ついに実食!

人間ほんまにうまいとき、声のトーン落ちますね、はい。まさか嫌いなものでここまで感動できるとは思いませんでした。ほんまにうまい。島に来て人生がまた一つ豊かになった気がします。

ありがとう!そして、今日もごちそうさま!!

海の駅、六島

岡山県最南端の六島。どっぷり島暮らしながら、島のホットな情報をお茶の間にお届け!

0コメント

  • 1000 / 1000